◆週刊アサヒ芸能様 御掲載の件につきまして◆



この度は、ニュースとなっております件につきまして

大変な御迷惑をお掛けし、お騒がせ致してしまいましたことを

心より、お詫び申し上げます。


話題となっております騒動につきましてはあまりにも多くの虚偽があり

ある御家庭の「家の中へ入った」という部分は事実ではございません。

しかし、御自宅であるコンサートホールを訪ねてしまいましたことは事実です。


20歳から現在までの5年の間、

ずっと一人で戦い続けてきたことの断片が

このような形で広がり、話題となり、

そしてお伝えしなければなりませんことを

とても不本意な想いとともに、

いつも見守っていてくださいました皆様へ

本当に、申し訳ない想いでいっぱいです。


役者というお仕事をさせていただいてゆく中で

歳を重ね、いつか、自らの口で、自らの言葉で、

少しずつ、何か力に変えてゆけることを願っておりましたが

こんなにも早くそのタイミングが訪れてしまいましたことを

とても辛く、感じております。


お話しをさせていただく準備がまだできておらず

本当に、いっぱいいっぱいの中でのお言葉で

拙い表現が多々ございますかもしれないのですが

今お伝えできます限りのことを綴らせていただきます。


この度ニュースで報道されていらっしゃいます男性は、2013年に

出演させていただきました映画がアメリカの映画祭へ出展された際 

同じ映画祭に御出演なさっていたアメリカ人の男の子のお父様です。


息子さんの御出演をきっかけに「貴女の出演作も観てみたいですよ!」と

お声を掛けてくださったのが一番最初でした。


2013年、私が20歳の時に出会ったその男性から、性的暴行を受けました。


その日から約3ヶ月間、一人暮らしのマンションで酷い鬱状態になり、殆ど動けない状態でした。

電気が止まり、ガスが止まり、食料も無くなって、水だけで何日も過ごすような状態になっており、

一人暮らしでしたので誰にも気付かれず、暗闇の中で疼くまっている日々でした。


20歳のその時まで、まだ一度も男性とお付き合いをさせていただいたことがなかったことも

どう動くべきなのか、適切な対処が分からなかった原因かもしれません。 


身近な人誰ひとりにも話せぬまま、相手の方へ何かアクションを起こすこともできず

ポジティブな出口を求めて自分の中で努力をすることしかできませんでした。


学業・役者業共に、その際に休業しており、 

本当の意味での「人生の時間」も其処で止まっていて 

未だに自分が20歳であるかのような錯覚に陥ります。


相手の方を傷つけたくないという気持ちもあり、又、きっと何か理由があったのではないか、

そして、相手の方がどうしても悪い人だと思えなかったこともあり「きっと自分が悪い」と考え

自分一人で解決しようと、自分の心の中だけで消化する努力をしていました。


しかし、月日が経つにつれ

自分だけで解決しようとする程に、心の中で抑えようとする程に、

『   いつか将来、自分と同じような経験をした人の為に動ける時が来れば・・・  』

という想いだけではもう耐えられないくらい、それは巨大なものとなっていました。


相手の方がたくさんの人に信頼されている「弁護士」さんであるということ。

そして、私よりもずっと年上の娘さんがいらっしゃるにも関わらず

その日見せられたプライベートアルバムには、40人以上の

若いアジア人女性との個室の写真がアップされていました。


その「矛盾」は、男性経験の無かった20歳の私の心にとって

安易に消化して前へ進めるような現実ではありませんでした。


その写真の中には、笑顔でピースをされている方もいれば、泣き顔の方もいて

そこへ写っていた無数の女性たちを見た時の嫌悪感、やるせない不快な想いと同時に

自分自身も、そのコレクションの一部になってしまったかのようなショックが

トラウマのように残っております。


中学生の頃、「演技と結婚する。」と決めていた私自身にとって、

5年前の事件を胸に秘め、全てを演技や表現のパワーへ変換して

何事も無かったように振る舞うべきなのか、

それとも、役者というお仕事ができなくなってしまうとしても

体を張って語るべきなのか、その狭間で葛藤し続けていました。


そして一昨年、あれから4年の時を経て、初めて心内を言葉にしようと決めたとき

それまでの男性の態度が豹変し、急に御家族や周囲の目を意識するような口調に変わり

「ウソつき」「ゴキブリ」という乱暴な言葉も受けました。


何年もかかって、それでも、問題と対峙しなければ傷が癒えることはないと考えた上での

最後の決意がそのような結果となってしまい、心の行き場を失ってしまったこと。


それは、5年前の事件から経験していた悲しみに加えて、

それを解決しようとしてきた心の努力も実らなかったという二次的な絶望です。


プラスの方向へ変えるという希望も消え、失った数年間という時間だけが

ただ大きく、其処へ残っているようでした。


これを機に男性本人との接触を禁ずるような形で通報をされてしまい、御本人と話し合うことも、

相手の真意を知ることすら法的にできない状況となり、現在に至ります。


ずっと一人で考え動いてきた私にとって、 

その出来事は全ての出口が閉ざされる想いで 

その後の約1年間は、そのような行き場のない悲しみと共に 

再び以前と同じ「葛藤」の中におりました。 


『 役者として、おばあちゃんになるまで、一生演技のお仕事をしていたい 』という想いと

5年前の事件のこと、見せられた無数の女性たちの写真のこと、豹変した態度のこと、

そして、その傷みも全て無かったこととしてじっとしているしかないという現実への想いが

ぶつかり合い、交差して、悩み続けました。


その末、2018年10月13日、

私はその男性から何度か招待されたことがあったコンサートホール(御自宅)まで

自らの身体で伺ってしまいまして、このような騒ぎとなりました。


本当に、今までせっかく応援してくださっていた皆様に

このようにして御迷惑をお掛けしなければなりませんでしたことを

心より、お詫び申し上げます。


本当に申し訳ございませんでした。


今回の騒動を機に、様々な弁護士さんやNPO法人様、ボランティア団体様等から

直々にお声をかけていただいて、今まで何年もかかり誰にも話せなかったことを

初めて御相談させていただけるようになりましたことが、何よりも大きな変化です。


このまま忘れ去り演技だけに向けるという選択をするべきなのか、

それとも、もう少し頑張って、自ら動き、語ってゆくべきなのか、

まだ答えが出ておりません。


近くで支えてくださる関係者の方々、そして、

応援くださる皆様の御意見もお聴きしながら、

今後の道を、考えて行きたいと思っております。


この度は、大変な御騒がせを致してしまいまして、本当に申し訳ございませんでした。


今、自分が何をするべきなのか、

社会の為に何か動けることがあるのか、

皆様と共に、考えさせてください。


どうか、宜しくお願い申し上げます。



2019年1月4日

大道 彩香




生の言葉で、少しずつ、書かせていただいております為、ところどころ書きかけの部分がございまして申し訳ございません。

書き終えましたら、改めまして記事としてアップさせていただきます。 : 2019 1/5 






AYAKA OHMICHI

Japanese Actress / iPhone Art

0コメント

  • 1000 / 1000